ストレス社会の漢方養生

  • 2018.11.11 Sunday
  • 11:45

 

今日もブログに来ていただきありがとうございます。

 

養生庵和音のはっしーです。

 

 

実はまだ会社で微妙に働いているのですが、

 

パートとして入社してそろそろ1年です。

 

起業するつもりでしたので、正社員にはならない、と決めていました。


正社員で消耗する時間を漢方の勉強と、起業の準備に費やそうと思ってたんですね。

 

 

入社後に社内の雰囲気に慣れてきてわかったのですが、

 

割と皆さん普通に良い方々のように思えました。

 

今までの様々なチャコールグレーな会社とは違うなぁ、

 

と思っていたのですが、少し前に社歴の長い方が何名か退職されて

 

女性社員で一番長い方が色々気を張ってがんばっているから成立している

 

という感じの会社でした。

 

よくある「できる人」「気の付く人」に負担がかかる、という会社です。

 

やっぱりちょっとグレー?

 

 

彼女からも社内のことを色々聞いていくうちに

 

「ストレスたまってるな〜、このままだと身体に影響がでちゃうな〜」

 

と漢方的視点で思っていたのですが、

 

特に漢方に興味のない彼女へのアドバイスはなかなか難しく、

 

「あまり無理をしないで。残業はできるだけしないで帰って!」

 

と現実味のないことしか言えず、助けられるのは、できるだけ彼女の雑務を

 

私のほうで引き受けることぐらいでした。

 

 

会社でのストレスの要因は彼女の口から色々聞いていました。

 

家でも旦那さまとお子さんのために、

 

夜遅くまで家事もがんばっていた彼女ですが、

 

私が入社して2カ月、3か月と日が経つにつれて

 

食事を食べすぎたり、逆に食欲がなくなってきたり、

 

仕事のモチベーションがあがらない、と言っていたこともありました。

 

 

そしてとうとう彼女は鬱の状態になり

 

ある日突然会社に出勤できなくなりました。

 

 

実は以前にも鬱で出社できなくなった経験があったとのこと。

 

もっと具体的なことをアドバイスできればよかった…と思うものの

 

一体私に何ができたのだろうか?と今でも思います。

 

最後の日に真っ白い顔色で荷物を取りに来た彼女の顔を思い出します。

 

自分ではまさか、また鬱になっているとは思っていなかった、と言っていました。

 

 

漢方では、ストレス=気滞、肝気鬱血と言われ、怒り=肝火上炎。

 

どちらも「肝」に関わる不調のサインです。

 

肝の火が相克関係にある脾(消化機能)に影響し暴飲暴食や食欲をなくす、

 

というパターンになることがあります。

 

脾の運化作用(栄養を吸収する)がうまく働かなくなると

 

血が生成できにくくなり、身体への栄養補給が滞ります。

 

やる気、元気がなくなっていくのも無理はないのです。

 

彼女の場合は他の人より周囲の観察が良くできて、

 

いわゆる「気配り」の人だったのもあり、

 

自分が過労であるにも関わらず、生命活動の源の「気」を

 

消耗してしまったのも原因なのだと考えられますね。

 

 

ストレスのない人はいない、と言いますが、

 

皆さんも自分の心と体に向き合う時間をつくって、

 

自分や家族のために「未病」のうちにメンテナンスできるよう願っています。

 

結局は、自分で気づく、対処するということが一番の養生なのですから。

 

 

 

 

 

秋の乾燥に良いもの

  • 2018.10.08 Monday
  • 22:04

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

 

最近また昼間が暑くて、夏の終わりのようですね。

 

今朝は乾燥で咽が痛くて目覚めた、養生庵和音のはっしーです。

 

 

何となく窓を閉め切っていると暑く感じて少しだけ開けて寝たのですが

 

そうするとこの季節、空気の乾燥がとんでもなくて

 

朝起きたら咽が腫れたような痛みが…

 

 

こんな時は乾燥したことによる熱(腫れや痛み)を冷まして

 

肺に潤いを補給しなくちゃ!とお茶を入れました。

 

 

板藍根茶があればよかったのですが、生憎ストックがなく、

 

枇杷の葉のお茶に、甘草(リコリス)を少し入れてみました。

 

ほんのり甘くて咽が癒された感じがして

 

まもなくすると痛みも引いて気にならなくなりました。

 

やっぱり早目の対処ですね(^^*)

 

 

秋は薬膳的にも潤いの必要な季節です。

 

陰陽五行では「秋=白=肺=大腸」

 

なので薬膳で良く言われるのは「白い食べ物」を摂ること。

 

肺を潤し、咳や乾燥による便秘を防ぐことが必要。

 

れんこん、百合根、白キクラゲ、梨、山芋、松の実、

白ごま、牛乳、豆腐

 

などが白い食材ですね。

 

他には「酸甘化陰」と言って

 

酸味と甘味を同時に摂ると陰(潤い)が生じるという言葉もあります。

 

季節のフルーツを上手に摂るとか、甘酢煮など調理法を工夫しても良いですね。

 

 

逆に摂るのを控えたほうが良いものは「辛味」のもの。

 

辛味は発散作用があるため、発汗などで身体の水分が失われます。

 

ねぎ、生姜、にんにく、唐辛子などは控えめにしましょうね。

 

 

そして、何事も「中庸」。

 

バランスが大事ですので、一つのものを集中的に食べたりするのは

 

やめておきましょう。

 

 

漢方を勉強したきっかけ

  • 2018.09.15 Saturday
  • 16:46

こんにちは。

 

養生庵 和音のはっしーです。

 

 

皆さんは「漢方」と聞くと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

 

私が漢方を勉強する前に持っていたイメージは

  • 苦い、まずい
  • たいして効かない
  • 敷居が高い
  • 価格も高い
  • そもそもそんなに普段思い出さない

と、まあ散々なイメージですよね?(笑)

 

どうしてこんなイメージを持っていた私が

 

「漢方を勉強しよう!」

 

と思ったのか?

 

 

きっかけは母の病気です。

 

母は4年前に他界したのですが、その介護生活の中で

 

料理がそんなに得意でない私は、それでも母の身体に良い食べ物は何だろう?

 

と考えました。

 

ちょうどその時です。

 

某通信教育のCMで、現在女優として活躍されている川栄李奈さんが

 

薬膳の資格の勉強をはじめると流れてきました。

 

 

「薬膳」って何?

 

と全く知らなかった私はいっぱいググりました(笑)

 

何かはわからないけれど、きっと身体に良いことに違いない。

 

できれば通信じゃなく通学で勉強してみたい、と思って調べてみたのです。

 

そして、当時は大阪には手軽に薬膳を学ぶ場所があまりなく、

 

大阪周辺の個人で講座を開いていた薬膳教室へ通うことにしたのです。

 

 

そこで出会ったのが薬膳の根本である「中医学」の基礎理論。

 

難解でしたが「天人合一」や「薬食同源」など、

 

自然に頭で理解できることがたくさんありました。

 

人の身体は呼吸と食べたものでできている。

病気ではなく、人を見る。

 

そういう東洋医学の世界にとても惹かれるものがありました。

 

 

しかし、その時の教室での勉強では、自分の理解力不足と先生との相性などで

 

少々消化不良な状態で終わったのですが、

 

これからも中医学を勉強したい!と強く思ったのでした。

 

そして、それからまた新しいスクールでの勉強の日々がはじまり、

 

今現在もはまり続けているのでした(*^^*)

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

読書のスペース

読んだ本から、読みたい本まで

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM