養生庵和音のできるまで 〜ちょっとづつ編〜

  • 2018.12.21 Friday
  • 14:13

JUGEMテーマ:起業

 

今年もあと少しですね。

 

一年を振り替えるとちょっと目眩がしそうになる養生庵和音のはっしーです。

 

今年は人生初めて取り組んだことだらけで、勉強になりました。

 

 

さて、

 

前回、ちょっとづつ編で、物件のエントリーをしたはっしーですが、

 

店を開くには先立つものが必要。

 

自己資金も多少ありますが、充分ではありません。

 

融資が必要です!💦

 

融資していただくには「事業計画書」が必要。

 

前年の創業講座でざっくりと学んだものの、

 

まだ自分だけで作成する自信はありませんでした。

 

なにせ、わたくし計画とか苦手で、

 

旅行もある程度行きたいところはリサーチするものの、

 

あとは行き当たりばったりを楽しむ人。

 

綿密な計画は面倒くさいと、頭が居眠りをはじめます。

 

そこで、

 

私が再び利用させていただいたのが「大阪産業創造館」。

 

6月に産創館のセミナーで融資の種類や申請について勉強したのですが、

 

その時に起業についての相談ができるという

 

経営相談室あきない・えーど

 

のチラシをいただきました。

 

これを利用しない手はない!

 

早速面談の予約を入れると、中小企業診断士の方が担当について下さいました。

 

面談で自分がやりたいことついて相談し、

 

事業計画書の作成についてアドバイスをいただきました。

 

公庫のHPにも融資につかう事業計画書のフォーマットがあるのですが、

 

もっと自分の思いが表現しやすいように各項目をA4で1ページづつに配置した

 

自分なりの事業計画書にいたしました。

 

具体的には次のような感じです。

 

  1. 表紙
  2. 創業の動機
  3. 事業の概要
  4. 対象顧客
  5. 商品サービス
  6. 顧客に選ばれる方法
  7. 競合他社に対する優位性
  8. 必要資金と調達方法
  9. 損益計画
  10. 資金繰り計画

 

これに漢方茶や温活の需要についての一般的資料と、出店地域の人口動態調査、

必要資金についての具体的内容などを添付しました。

 

 

初めての面談から約1週間ほどで作成して、担当の方へ送付したのですが、

 

「初めて書いたとは思えないぐらいに、とてもよくできている」

 

とお褒めいただき、有頂天にヾ(*´∀`*)ノ

 

これをベースに内容をブラッシュアップして公庫への提出用にしました。

 

しかし、

 

事業計画書についてのハードルは下がったものの、

 

当時は物件エントリーの状態でまだ入居の内定もとれず、

 

内装についての見積もりもとれていない状況でした。

 

日本政策金融公庫への融資の申し込みはまだ先になりそうな気配。

 

そして別のところで、私には決定的に足りないところがありました。

 

それは、

 

やろうとしているビジネスの具体的「経験」です。

 

販売職での店長経験や

 

10年以上にわたる、会社の営業事務や経理事務の経験も

 

漢方やビワの葉温灸のそれぞれの学びで資格取得をしていても

 

漢方茶の製造販売や、ビワの葉温灸のサロン勤務は

 

経験したことがありません。

 

そのあたりを産創館の担当の方や、

 

公庫の事前相談を担当くださった方も

 

指摘しておられました。

 

はてさて、融資は一体どうなるのか?

 

つづく…

 

 

 

養生庵和音のできるまで 〜ちょっとづつ編◆

  • 2018.11.23 Friday
  • 08:00

JUGEMテーマ:起業

 

そろそろ今年を振り返る季節になりましたね。

 

私にとっても振り返り甲斐のある年でした。

 

って、まだ色々やること残ってます!(笑)養生庵和音のはっしーです。

 

 

さて、

 

〜ちょっとづづ編 舛琶件に出会ったわたくしですが、

 

6月1日に改装工事中の物件を見に出かけました。

 

そこで不動産屋さんに改めて挨拶をし、ご案内をいただきました。

 

実はわたくし、以前からこちらの不動産屋さんのブログのファンで、

 

母が亡くなる前の年に、当時は他の物件に興味を持ち、

 

お訪ねした経緯があります。

 

阿倍野区昭和町界隈の町の価値を上げたいという気持ちで

 

実際に活動もされていて、結構な有名人だと思います。

 

朗らかでとても素敵な不動産屋さんです。

 

 

そして、

 

実際物件を見てみたら、柱を白アリが食べてしまっていて

 

職人さんが柱を切って、土台にコンクリを流して、

 

という作業をしているところでした。( ゚Д゚)

 

これってテレビとかでやってた大変なやつじゃ…

 

などと思いながら中を見せていただいたのですが

 

裏腹に、やっぱりここがいい!と決意する自分がいました。

 

コチラの物件、

 

家主さんが入居者を審査して内定する、というシステムらしく

 

入居希望者にエントリーさせていただくことにしました。

 

外装の工事完成予定は10月末。

 

それまでに内装工事用の資金を調達しなくては!

 

と、新たに課題ができたのでした。

 

 

実は、この時に不動産屋さんの取材が入っていたのですが

 

後日その記事が「東洋経済オンライン」に掲載されてました。

 

工事中の洋風長屋の当時の様子の写真が載っています。

 

記者の方とも少しお話させていただいたのですが、

 

私の後ろ姿もばっちり映り込んでしまっています。

 

※友達に指摘されて気づいた鈍感な人です(;^_^A

 

記事中の「漢方茶とマッサージ」のところは記者さんの勘違いですね。

 

本当は「漢方茶とビワの葉温灸」です。

 

私のネット記事デビューとなりました(笑)

 

https://toyokeizai.net/articles/-/229971

 

養生庵和音のできるまで 〜ちょっとづつ編 

  • 2018.11.21 Wednesday
  • 21:49

JUGEMテーマ:起業

 

イベントが終わったと思ったら、気が抜けたのか

 

久しぶりに風邪をひいてしまった養生庵和音のはっしーです。

 

風邪は初期対応がものを言う、といつも早めの対策をとるのですが、

 

今回はタイミングを逃してしまい、疲れがたまった身体は思ったより弱ってた(− −;

 

 

さて、そんな中

 

実は新しくOPENする店舗の契約を済ませました

 

やっとここまで、と思うのと、まだまだこれから、と思うのと半々。

 

ここにたどり着くまでの道のりの第一歩は今年の3月にさかのぼります。

 

 

創業講座で出会った人との交流で、カフェを開業する方がいました。

 

漢方茶に興味を持っていただき、自分の店でも出すことを提案いただいたのですが

 

お店に置いていただくにはブレンドする場所をそのお店に設定するしかなく

 

(ブレンド茶を販売するには自宅以外のキッチンが必要です)

 

自宅からはかなり距離があり、継続して販売するには無理があると

 

あきらめた経緯がありました。

 

 

自宅以外でキッチンを持ちながら漢方茶を販売し、

 

できればセミナーなどを開催しつつ、

 

皆さんの生活の楽しみになるような空間をつくれないだろうか?

 

そう思って、物件をさがすことに決めました。

 

そして、オープン長屋に出かけたり、貸店舗や、自宅サロンなども選択肢にいれて

 

物件情報を見ていたのですが、ある物件との出会いがありました。

 

 

それは以前会社勤めしていたころに、通勤していた道すがらにある古い長屋で

 

三角屋根がレトロで趣のある洋風の長屋でした。

 

が、もう何年も前から傷んでいて、住んでいる人もいなさそうでした。

 

お気に入りの長屋だったので「このまま壊すのは悲しいなぁ・・・」と思っていました。

 

そこがなんと!改修工事をして貸店舗として生まれ変わるというのです!

 

でも、

 

私、そんなに資金ないしなぁ

 

好きなこととはいえ、月に10万〜20万も家賃を払って、自営をしていくのは

 

ちょっと自信がない。

 

と、

 

しりごみしていたら、

 

小さめの店舗がお安く借りれることがわかったのです。

 

小さめとは言っても一人でお店をするには手ごろな広さ。

 

迷いつつ、やっぱりここしかない!と

 

不動産屋さんに連絡を入れたのが

 

5月の末のことでした。

 

そして、

 

ちょっとづつ編△愨海ます(^_-)-☆

 

 

養生庵和音のできるまで 〜ぼんやり編◆

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 23:30

JUGEMテーマ:起業

 

こんばんは。

 

養生庵和音のはっしーです。

 

パッケージのデザインを作ったり、忘れかけていた免許の更新に行ったり

 

なんやかんやとしていたら、あっ!という間に時間がすぎちゃいますね。

 

 

前回、ぼんやり編でなんとなく考えていた起業について

 

セミナーを受講することでぼんやりとした考えを形にしていこう、と書きましたが

 

私の場合、大阪産業創造館で独立開業とは?という大まかな内容を理解し

 

それを大阪府商工会連合会の講習でもう少し具体的にする

 

という作業でした。

 

実はなんと、大阪府商工会連合会の講習は無料!

 

なかなの充実した内容だったのに、しかも4分の3出席すると

 

該当の市区町村での創業の場合は補助金の申請対象になるという素敵な制度が。

 

私の場合、結局該当の市区町村での開店は難しいと判断したので

 

補助金の対象外でしたが、対象の方にはうれしい制度ですよね?(^^

 

 

実は大阪商工会議所の創業講座も格安(確か1万円ちょっと)で

 

講座内容も充実してたのですが、

 

大阪府商工会連合会は無料!そしてステップアップ講座として

 

事業計画書の作成についての講座も後日開催予定だったので

 

こちらのほうを選んだのでした。

 

 

講座の内容は初めて知るようなことも多くあり、勉強になったのですが

 

一番良かったと思ったのは、同じように起業について知りたい人達と

 

机を並べて一緒にグループワークをする機会があったことです。

 

それで仲良くさせていただいた方もいれば

 

私にとって新しい発見になることもありました。

 

セミナーの最初のうちはぼんやりとですが、漢方茶のセミナーを開催したり

 

インターネットで漢方茶を販売したり、という起業を考えていました。

 

そこで保健所のほうでお茶販売についての要件を確認したのですが

 

「営業許可は不要だが、自宅キッチン以外にもう一つキッチンが必要」という要件があり

 

それならば(キッチンがいるなら)漢方茶のお店を開店したい、という思いが生まれました。
 

 

要件については他の都道府県の各保健所で対応は色々のようです。

 

他府県でブレンド茶を販売している方に聞くと

 

そこの保健所では言われなかったそうです。

 

 

そして最初は固定費をかけない方法で起業を考えていたはっしーでしたが

 

お店を作る!となると、そうもいかないわけで、

 

そこからまた色々考えなければならなくなってくるのでした。

 

が、それはまたもうちょっと後のお話です。

 

 

セミナーで養生庵和音の種を蒔いたはっしーですが

 

さて、それからの展開は?!

 

次回に!(^^)/

 

 

養生庵和音のできるまで 〜ぼんやり編 

  • 2018.09.22 Saturday
  • 12:20

JUGEMテーマ:起業

 

だんだんと秋らしい気候になってきましたね。

 

養生庵和音のはっしーです(^^*

 

今日からは少しづつ養生庵和音のできるまで(まだ途中ですが)を

 

書いていきたいと思います。

 

 

漢方を勉強し始めてしばらくすると

 

自分でも日々の体調に気をつけるようになり

 

体調の管理がしやすくなりました。

 

鍼灸や漢方内科に勉強を兼ねて行くことはあっても

 

ちょっとした不調で病院に行ったりすることがなくなりました。

 

 

そうした日々を送るうちに

 

この東洋医学の知恵を皆が知って実践できれば

 

今増えている大きな病が将来的に少しでも減らせるのではないか?

 

という思いに至るようになりました。

 

 

それはうちの母が癌で亡くなったことと無関係ではありません。

 

当時の私は病気は医者が治してくれるもの、と思い込んでいた残念な人でした。

 

今では病気は自分で向き合って治すもの。

 

生活習慣病は自分でその習慣を見直すことが必要で

 

治療家はそれを助けてくれる人だと思っています。

 

 

そこで漢方の勉強を続けていた私は

 

漢方で何か私にもできることがないか?と自然に思いました。

 

実は以前からこの人生のうちに、会社組織人としての仕事だけでなく

 

自分が「コレ」と思うようなお仕事をやってみたいと考えていました。

 

「コレ」=私にとっては「漢方」。とやっと見つけた気持ちになりました。

 

 

最初は漢方茶や薬膳のセミナー開催を考えたのですが

 

まだまだ未熟者な私は

 

「誰に」「どこで」「どんな内容で」「どうやって」?

 

と色々と考えているうちに、その考えをまとめるためにセミナーを

 

受講するようになりました。

 

具体的には次の3つです。

 

1.【大阪商工会議所】の創業講座の準備講座

 

2.【大阪産業創造館】の単発セミナー

 

3.【大阪府商工会連合会】の創業支援講座

 

中でも今回の起業準備には大阪府商工会連合会の講座と

 

大阪産業創造館の存在がとても役に立ちました。

 

 

と、いうわけで

 

次回は大阪府商工会連合会の創業支援講座について

 

書かせていただきますね!