夏にも温活

  • 2019.06.13 Thursday
  • 15:30

 

今年は気温の変化が激しくて、体調管理が大変ですね。

 

更年期世代の店主はっしーも色々メンテナンスが必要です。

 

 

さて、

 

6月から店頭のお知らせ看板にこのような内容を書いております。

 

 

「冬病夏治」

 

書いて字のごとく、冬の病は夏に治しましょう、という意味です。

 

冬に繰り返す不調は冷えがもたらすことが多いのですが、

 

すべての人に冷えによる症状が出るわけではありません。

 

なぜ?どこが違うのか?それは個人個人の持つ力です。

 

いわゆる「免疫力」というものですね。

 

 

漢方では身体を温める力を「温煦作用」と言うのですが

 

そもそも、温めエネルギー(陽気)が不足していたり、

 

血流が悪く手足の先まで行き届かなかったりすると

 

冬場は外気の寒さも相まって、冷えや痛みとなって現れます。

 

寒邪を跳ね返す力も不足気味ですぐに風邪をひいたり

 

インフルエンザにかかったり。

 

 

そんな冬にかかる病気や不調を、夏の間に身体に陽気を貯蓄して予防することを

 

「冬病夏治」と言い、免疫力を効率的に上げていくのに

 

とても良いシーズンなのです!

 

 

ちなみに、漢方を勉強し始めた頃、

 

毎月のように風邪をひいていた店主はっしーですが

 

ここのところひどい風邪はひかなくなりました。

 

ひいたとしても、今は風邪が体に侵入してきてすぐにケアできるので

 

症状がひどくならずにすぐに治ることが多くなりました。

 

風邪はすぐに対処!が肝心です。

 

漢方の知識ってありがたい〜。

 

 

閑話休題

 

陽気の盛んな夏にすら冷えを感じている方には、もちろん

 

今は冷えてないから大丈夫〜と思って冷えたドリンクをがぶ飲みしちゃう方にも

 

(私か)

 

今こそ温活をしていただきたい!

 

 

びわの葉温熱療法、私も何度も自分メンテナンスで助けられてます。

 

皆さんにも試していただきたいなぁ〜

 

 

 

.
ネットショップ
https://yojoanwaon.thebase.in
.
ホームページ
https://yojoan-waon.com

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

読書のスペース

読んだ本から、読みたい本まで

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM